【カラオケ上達】歌上達における3ステップ

 

どうも、白米です

 

「歌がうまくなりたい!」「音痴を直したい!」というそこのあなた!

歌唱力をUPするためには、まず自分が歌におけるどのステップにいるのかを把握することも大切です

十分な技術を持っていないのに背伸びしようとしても、成長には繋がりません

そこで、今回は歌の上達における3ステップを簡単にまとめたのでご覧ください!

 

ステップ1…基礎を磨いて正しい歌い方を身につける

 

ステップ1では

  • 正しい発声方法を覚える
  • 声の種類を知る
  • 歌うときの正しい姿勢
  • どこを意識して歌うか

 

の4つを重要視します

細かくあげればもっとあるんですけどね

 

[正しい発声方法を覚える]というのは、「腹式呼吸を身につけるということです

私たちが普段している呼吸は「胸式呼吸」と呼ばれるもので、先ほど言った「腹式呼吸」とは異なります

腹式呼吸というものがどういうものかわかっていても、歌で使うことは想像以上に難しいんです

 

[声の種類を知る]ですが、歌を歌うときに使う声には種類があるんです

主に「チェストボイス」「ミックスボイス」「ヘッドボイス」が挙げられます

他にもたくさん種類があるのでそのまとめは今後記事で挙げていきますね

 

歌うときの正しい姿勢]について

ほとんどの人は歌を歌うときに姿勢を意識していないと思います

ところがどっこい、姿勢によって声の出やすさが変わったりするんです

 

どこを意識して歌うか]歌うときにどこを意識するかによって声の出やすさだったり、声の質も変わってきます

 

中には、こういった技術について勉強をしなくてもある程度は感覚でできているもいます

そういった人でも、「ここがこうなっていたからこういう声が出ていたんだ!」ということを知ると更に歌のことが好きになれますよ!

 

 

ステップ2…プロのアーティストの歌い方から学ぶ

 

ステップ1の内容を理解することができたら次のステップです

歌についての知識をつけてからプロのアーティストの歌を聞くと、要所要所テクニックや色々な種類の声が使われていることを理解できます

 

そこで意識することは、

  • 曲のどこでどういったテクニック、声が使われているのかを理解して歌う
  • アーティストの歌い方を真似してみてプロと違うところを探る

といった点です

 

練習する際は、自分の歌を録音してみて聞いてみるということも大切です

自分の歌とプロの歌を聞き比べて、部分部分の歌い方やテクニックの使い方を比べてみることが上達に繋がります

多少恥ずかしいと思いますが聞き比べたら消しちゃえば問題なし!

 

あまり難しすぎる歌には挑戦せずに自分のレベルにあった曲選びをすることも大切です

 

 

ステップ3…自分にしかできない歌い方で歌う

 

基本的な歌い方やテクニックをマスターしたら最後のステップ

自分にしかできない歌い方で歌うということです

今までは曲によってアーティストの歌い方や声質に寄せてしまう部分があったと思います

しかしここまできたら自分にしかできない歌い方で歌ってみたくありませんか?

 

アーティストの方々にはそれぞれ歌い方に個性があると思います

それは自分が一番好きな歌い方、歌いやすい歌い方さまざまだとは思いますが”その人”にしかできない歌い方です

テクニックの使い方や入れどころを自分がいいと思うやり方で歌ってみることが最後のステップになります

「このアーティストと同じような歌い方を目指したい!!」という方もいると思いますが、そういう人は目指すのがいいです

 

要するに何が言いたいのかというと

歌いたいように歌え!!!

 

ってことです

漫画「ハイキュー」にはこんな名言があります

勝負事で 本当に楽しむ為には強さが要る

 

これは歌に対しても言えることだと思っていて、

歌を本当に自分の好きなように歌うためには技術がいります

「そんなの技術なくたって自由に歌うことはできるじゃん」

と言われるかもしれません

ですが、技術を身につけていたほうが楽しみ方の幅が広いのは間違いなし

 

歌は自由で、こんなに楽しいんだよってことを色々な人に知ってほしいです

 

 

以上!歌うの大好き白米でした!

 

 

タイトルとURLをコピーしました